2017 年 9 月 28 日

横断歩道にも顔認証!?

中国江西省南昌市のある交差点では「横断歩道顔認証システム」が導入されました。 赤信号で交差点を渡ると、設置されたカメラに捉えられ、名前や写真等の個人情報が近くに設置されているスクリーンに映し出されます。
違反者の映像は即時に省の警察署のデータベースに照合されます。
政府の思惑は、公衆の面前で違反者を映し出すことで、違反行為自体を減らそう、というものでしょうが、 現地の住民の反応は様々です。賛成派は、違反者には相応の処罰を受けさせるべき、このシステムは違法行為を抑制でき、 支持する、という意見で、一方反対派は、交通法規を軽度に違反しただけで、一般人の顔を公衆にさらすことは、人権侵害ではないかと。 難しい問題ではありますが、中国で顔認識システムの普及が拡大しているのは紛いもない事実でしょう。

関連記事

中国AIの躍進(4/4):上海で「2018世界人工知能大会」、世界のAI専門家が集結

中国AIの躍進(3/4):AI分野における中国の強み

中国AIの躍進(2/4):次世代人工知能(AI)発展三カ年行動計画

中国AIの躍進(1/4):中国政府は支援に本腰、2030年に世界一を目指す

認証技術を応用した各種取り組みのご紹介

「商品識別+顔認証技術」を利用したAIデモ動画

「中国モバイルキャッシュレス決済の課題と、無人小売り店舗の動向」⑥

中国杭州のケンタッキーに世界初の顔認証決済システムを導入

北京師範大学の入退出管理で顔認証

駐車ロボットが車を運んで駐車してくれるスマート駐車場@北京