USBキー ePass1000 USBトークン

オンラインコンテンツへのアクセスが日常となりオンラインバンキングやネットトレーディグを筆頭に、重要なID・パスワードは日々増加

  • 証明書
  • Web認証
  • メモリ:EEPROM
  • 認証方式:PIN(暗証番号)

USBキー[ePass USBトークン]はコンパクトな設計で携帯性にも優れた汎用的なUSBトークンで、USBトークンとPIN番号(暗証番号)を組み合わせることで今までのID/パスワードの単因子認証方式より高度な2要素認証方式を実現できます。

USBキー[ePass1000 USBトークン]はドライバーをインストールするだけで、チャレンジ&レスポンス方式などを利用するWeb認証やMicrosoft CAPIやPKCS #11に準拠したPKIソリューション(S/MIME、デジタル署名、セキュア認証、VPN接続、SSLウェブサイト)と容易に連携できます。また、 VeriSign、Entrust、Betrustedなどの主要な認証局やCheckPoint のVPN-1やCisco VPN3000、NetScreen などにも幅広く対応しています。

さらに、USBキー[ePass1000 USBトークン]はWindows OSに対応し、ドライバソフトでMD5以外の強力な暗号化計算(RSA, DES, 3DES, DSA,SHA-1)をサポートしており、SDK(開発キット)を利用することで既存のセキュリティアプリケーションへの統合や新規アプリケーション開発も容易に行うことができます。

※ePass1000製品は Windows 8.1以降の対応予定はございません。ご注意下さい。

区切り線

USBキー ePass1000 USBトークン 利用事例

  • IEEE802.1xによる無線LAN認証
  • VPNアクセスのためにUSBトークンに電子証明書格納しリモートアクセス
  • 業務アプリケーションへの認証・ログイン
  • S/MIMEなどによるメール暗号化

USBキー ePass1000 USBトークン 製品特徴

  • ハードウェアによるMD5-HMACチャレンジ-レスポンス認証を実現
  • Microsoft CAPI、PKCS #11アプリケーションのサポート
  • 64ビットのユニーク(一意)なシリアル番号を各機器に付与
  • ActiveXコンポーネントやJavaAppletによるアクセスのサポート
  • ファイルアクセスに対して3つのセキュリティレベルを提供
  • 不正改造を防ぐタンパーエビデントな強化プラスチックボディ
  • RoHS指令対応、FCC/CE認定取得

altText

※ePass1000 USBトークン単体で実現できるのは電子証明書の格納、SSL、VPNなどのPKIアプリケーションとの連携およびチャレンジ&レスポンス認証によるセキュアWebサイト認証となります。
Windowsログオン制御、シングルサインオンなどのPCのセキュリティ対策を実現するには別途「SecureCore」が必要になります。

選べるボディタイプ

USBキー[ePass1000 USBトークン]のボディタイプはD1タイプ(写真左)とA1タイプ(写真右、4色:赤、緑、紫、青)から選択いただけます。性能はどちらも同一です。
また、オプションとして、ボディ中腹部の”ePass1000″のロゴを独自表記のシールにカスタマイズ可能です。

altText

D1タイプ

altText

A1タイプ

USBキー ePass1000 USBトークン 長所

高度なセキュリティ
オンボードMD5ハッシュアルゴリズムで格納した電子証明書をハッカーやウィルスの脅威から保護します。

優れた携帯性
USBキー[ePass1000 USBトークン]は動作中のPCでも抜き差し可能で、簡単に電子証明書を携帯することができます。

優れたコストパフォーマンス
USBキー[ePass1000 USBトークン]はスマートカードの代わりに使用する事ができ、なおかつカードリーダーが不要です。

優れた使いやすさ
ドライバーをインストールするだけで利用でき、ブラウザ、メーラーなどに特別な設定変更は不要です。

マルチアクセスのサポート
USBキー[ePass1000 USBトークン]は同時に複数のキーやアプリケーションをサポートする事ができます。

二要素認証
暗証番号(PIN)とハードウェアトークンの組合せで、ユーザを識別する二要素認証を実装しています。

複数の証明書管理
USBキー[ePass1000 USBトークン]は複数の秘密鍵・公開鍵の格納に加えて、ルート証明書と中間証明書も同時に格納する事が出来ます。

容易な証明書管理

USBキー[ePass1000 USBトークン]に証明書を格納するには、ブラウザーから直接行う方法と、PCに保存された証明書ファイル(PFX、P12、P7B、CERなど)を付属の管理ツールを利用してインポートを行う方法があります。

altText

証明書をマネージャーツールからインポートする
ePass1000 USBトークンマネージャツール(左図)では、証明書のインポート以外に、証明書の管理、PIN番号の変更、USBトークン名の変更、ロックの解除、 USBトークンの初期化などを行う事ができます

ブラウザー経由で直接インポートする
ブラウザー経由で証明書を発行した場合、直接ePass1000 USBトークンに格納する事ができます。

USBキー ePass1000 USBトークン 価格帯

altText

USBキー ePass1000 USBトークンシリーズは他社製品と比べ、業界最高レベルのセキュリティを持ちつつも、約半額程度の価格帯を実現しています。また、購入数にあわせてボリュームディスカウントもご用意しているので、大幅なコストダウンを実現できます。

詳細な価格は『ePass かんたんお見積もり』よりご確認ください。

USBキー ePass1000 USBトークン 利用例

  • Windowsのスマートカードログオン
  • SSL認証(Internet Explorer及びNetscape)
  • セキュリティネットワークログオン
  • S/MIME(Outlook/Outlook Express)
  • IPSec,VPN,SSL-VPNリモートアクセス認証
  • LAN、WANアクセス

USBキー ePass1000 USBトークン SDK(開発キット)

USBキー ePass1000 USBトークンのSDK(開発キット)を利用すれば、クライアント/サーバーやブラウザ対応のアプリケーションにUSBキー ePass1000 USBトークンを統合する事ができます。USBキー ePass1000 USBトークンのドライバ及びサポートソフトウェアはモジュラー方式で設計されているため、個人認証及びセキュリティストレージアプリケーションの開発に最適です。SDKにはASP/CGI/Delphi/Java/VB/VCのサンプルが含まれています。

USBキー ePass1000 USBトークン 製品仕様

対応OS Windows 2000
Windows XP(32/64bit)
Windows Server2003(32/64bit)
Windows Vista(32/64bit)
Windows Server2008(32/64bit)、Windows Server 2008R2
Windows 7(32/64bit)
Windows 8(32/64bit)
Linux(Privateライブラリのみ)
対応規格 PKCS#11, Microsoft CAPI, PC/SC, X.509 v3 Certificate Storage, SSL, IPSec/IKE
対応言語 ASP/CGI/Delphi/Java/VB/VC
※PHPなど他の言語にも対応しています。詳細はお問い合わせ下さい。
プロセッサー 8 bit
メモリーサイズ 8K/32K
オンボード暗号化アルゴリズム MD5C
※RSA, DES, 3DES, DSAに関しては、ドライバソフトで対応
寸法 58x19x9mm(D1タイプ) / 50x17x7mm(A1タイプ)
重量 8g(D1タイプ) / 6g(A1タイプ)
消費電力 250 mW
動作温度 0 ~ 70 ℃
保存温度 -40 ~ 85 ℃
保存湿度 0 ~ 100% (結露なきこと)
コネクタタイプ 標準USB1.1 デバイス、USB2.0 インタフェースも利用可能。  USBオス Aタイプ 
ケース 強化プラスチック・タンパーエビデント仕様
メモリデータの保存期間 10年以上
メモリのリライト 100,000 回以上
ハードウェア認定 RoHS指令/WEEE指令、CE規格、FCC規格