ワンタイムパスワードをWindowsログオンで使用する導入イメージ

Windowsログオンにワンタイムパスワードを導入するイメージ事例

認証はクライアント端末に入力したワンタイムパスワードとワンタイムパスワードサーバ間で認証を行い、Windowsログオン認証を実現します。

 

Windowsログオンにワンタイムパスワードを導入するイメージ事例

 

※クライアントA、クライアントBはWEBを介してOTPサーバに接続し、認証処理をおこなう。

事前準備
  1. 「ワンタイムパスワードサーバ」及び「ワンタイムパスワードサーバのデータベース」をインストールします。
  2. WindowsOSのクライアント端末に「ワンタイムパスワード・エージェント」をインストールします。
  3. 「ワンタイムパスワードサーバのデータベース」にWindowsのユーザIDを認証用ユーザIDとして登録し、トークンとバインドさせます。

処理の流れ
  1. ユーザはID/PWD(パスワード)/OTP(ワンタイムパスワード)を入力する
  2. OTP Agent(ワンタイムパスワード・エージェント)がID/OTPをOTPサーバに転送する。
  3. OTP(ワンタイムパスワード)認証をおこなう
  4. 認証がOKならWindowsログオン完了

※ワンタイムパスワード導入イメージについてのご説明はこちら

 

このページのトップへ