SecureCore -USBキーでWindows利用制御ソフトウェア

製品比較表

以下はSecureCoreソフトウェアの製品比較表になります。

SecureCore製品 SecureCore Standard Edition SecureCore Personal Edition
想定用途 企業内共用/専用PC端末の起動制限、使用制限、使用者特定、情報漏洩対策 ネットカフェ、学校、図書館、ホテル等共用PC端末の使用制限、
子供のいたずら防止など家庭用も最適
対応OS Windows 2000
Windows XP(32bit/64bit)
Windows Vista(32bit/64bit)
Windows 7(32bit/64bit)
Windows 8/8.1(32bit/64bit)
Windows 10(32bit/64bit)
Windows 2000
Windows XP(32bit/64bit)
Windows Vista(32bit/64bit)
Windows 7(32bit/64bit)
Windows 8/8.1(32bit/64bit)Windows 10(32bit/64bit)
WindowsServer2003(32bit/64bit)
WindowsServer2008(32bit/64bit)
機能 PCロック・セキュアログオン
Webシングルサインオン
アプリケーションシングルサインオン(Window2000/XPのみ)
ファイル・フォルダの暗号化(Windows2000/XPのみ)
PCロック

PCロック

機能比較

実現方式及 WindowsGINA 、Credential Provider等よりシステムレベルで実現 常駐ユーザーモードアプリケーションよりアプリケーションレベルで実現
動作モード プリログオン ポストログオン

Windowsセーフモード/

リモートデスクトップ接続の対応

対応(ワンタイムパスワード方式) 無し
管理者ツール 有り
(ワンタイムパスワード発行、USBトークン発行等)
無し
対応USBキー

ePass1000ND(標準トークン)

ePass2003 (電子証明書格納の場合)

ePass1000ND
(パッケージ内に1本同梱

価格 SecureCore Standard Edition簡単お見積り SecureCore Personal Edition簡単お見積り