外部媒体制御ソフト[SecureCoreRSS] の機能

外部媒体制御ソフト[SecureCoreRSS] 管理機能(画面モード)

SecureCore RSSのコンソール管理機能には「イージーモード」 「プロフェッショナルモード」の画面モードを用意しております。

イージーモードとプロフェッショナルモード、ユーザ管理、コンピュータ管理、システム管理、ログ管理、リモートクライアント管理

 

外部媒体制御ソフト[SecureCoreRSS] イージーモードの機能紹介

「イージーモード」で管理可能な機能をご紹介します。

※プロフェッショナルモードの機能についてはマニュアル等をご参照ください。

ストレージデバイスの登録、配布、申請承認、オフラインPC登録、ポリシー発行、ログ管理

 

このページのトップへ

外部媒体制御ソフト[SecureCoreRSS]  デバイスの申請方法について

クライアントが管理者へ外部媒体の利用を申請する場合、次の3通りで申請が可能です。


      ① オンライン申請

  
                 [媒体あり]
                      クライアント側の手元にある既存媒体の利用をオンラインで管理者に申請します。
                      管理者は申請に基づいて利用可否を判断します。
                 [媒体なし]
                      管理者側で用意する媒体の利用をクライアントはオンラインで管理者に申請します。
                      管理者は申請に基づいて利用可否を判断し、利用を許可したクライアントにのみ媒体を提供します。

      ② オフライン申請

                 [媒体あり]
                      クライアント側の手元にある既存媒体の利用を管理者へ電話等(オフライン)で申請します。
                      クライアントは「申請コード」を管理者へ連絡し、管理者は許可者にのみ「レスポンスコード」を伝えます。
                      クライアントは「レスポンスコード」を入力することで媒体の利用が可能となります。
                      ※オフライン申請は、クライアント側の「媒体あり」のみサポートします。

      ③ 申請書による申請  

                 [媒体あり]
                      クライアントは手元にある既存媒体と申請書類を管理者に提出します。
                      管理者は申請に基づいて利用可否を判断し、許可する場合は媒体をシステムに登録します。
                 [媒体なし]
                      管理者側で用意する媒体の利用をクライアントは申請書類の提出で管理者に申請します。
                      管理者は申請に基づいて利用可否を判断し、利用を許可したクライアントにのみ媒体を提供します。

 

このページのトップへ

外部媒体制御ソフト[SecureCoreRSS]  機能まとめ

項目
詳細
外部記録媒体登録方法
(申請と許可)
管理者により外部記録媒体を登録し、利用者へ配布
利用者から申請を行い、管理者が承認 (方法はオンライン, オフライン, 申請書の3通り)
制御可能な外部記録媒体
USBメモリ, 外付けHDD, SDカード, フロッピーディスク, MOディスク, CD/DVD
(暗号化(*1), 平文, 利用禁止, 利用許可, 読み取り専用の制御が可能)
*1:CD/DVD, FD, 一部のMOは暗号化に対応しておりません。
外部記録媒体の個体管理
外部記録媒体固有情報のよる管理 (USBメモリなど、固有情報が記録されている媒体に限る)
フォーマット時に固有情報を付与 (USBメモリを含む全ての外部記録媒体)
制御可能なハードウェア
ストレージデバイス
   CD/DVDドライブ, フロッピーディスク, テープデバイス, PCMCIA, プリンタ, IEEE1394, ポータブルデバイス(スマートフォン、タブレット、デジカメ等), スキャナー
ネットワーク装置
   無線LAN, Bluetooth, 赤外線デバイス, モデム, COMポート
外部記録媒体利用制御
未登録の外部記録媒体の利用許可/読み取り専用/禁止の制御
登録済みだが未割当の外部記録媒体の利用許可/読み取り専用/禁止の制御
暗号化方式
(AES256bitによる暗号化)
記録媒体のフォーマットによる自動暗号化 (同一の組織内(※)でのみ利用可能)
パスワード保護によるファイルの暗号化
   [1] SecureCore RSS形式 (SecureCore RSSがインストールされているPCのみ復号可能)
   [2] 自己復号形式 (外部のPCでも復号可能な解凍プログラム内蔵方式)
 (※)組織秘密鍵はSecureCore RSS管理コンソールから変更可能。組織秘密鍵の履歴はMicrosoft SQL Serverに記録される。
パスワードポリシー設定
最少桁数8文字以上, 最大桁数28文字以下, パスワードの複雑さ(大文字, 小文字, 記号, 数字の組み合わせ)など
オフライン利用
媒体によるポリシー変更, およびチャレンジ&レスポンスコードによる媒体利用申請が可能

このページのトップへ