H/Wオプション機能の制御に活用

USBドングルROCKEYが、多機能プリンタ(MFP)とコラボレーション

課題

  • MFPの製造ラインでは、コントロールボードの共通化は進んでいて効率化が図られているが、最終工程のところで出荷先に応じた情報(輸出先、製品ラインナップ、オプション機能など)を直接ボード上に焼き込んでおり、このため効率ダウンとなっている。何とか改善できないか?

ご提案

  • MFPの製造は一律で行い、弊社のUSBドングル製品(MFPの部品の位置づけ)をイネーブラーとして接続することで、出荷先ごとのオプション機能を制御することができます。
  • 国内他社製品比較でも、圧倒的な低コストでご提供できます。

システムイメージ

製品利用例

お問い合わせ先:

■ 飛天ジャパン株式会社 営業部
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町9-3 CANAL TOWER 4F/7F
TEL:03-3668-6668(代)FAX:03-3668-6667

このページのトップへ

 

pPROVE / 株式会社日本電子公証機構

ROCKEYドングルについて

ROCKEYドングルの製品紹介


区切り線