USBトークンによるリモートアクセス認証強化(VPN)

USBキーePassトークンシリーズのPIN番号 + PKI技術活用の電子証明書 を活用した2因子認証で、セキュアなVPN接続を実現

課題

  • VPNを導入して通信経路を暗号化できても、入口がID/パスワードの認証方式だけで、セキュリティは安心ですか?
  • 気付かないうちにID/パスワードが第三者に不正利用され、「成りすまし」の被害に遭うかも知れません。

ご提案

  • 単なるID/パスワード認証の単要素より更に一つ上の認証レベル(二要素認証)を実現します。
  • USBキーePassトークンを利用し、セキュリティと操作性(利便性)のバランスの取れた本格的な二要素認証によって、より安全なVPNリモートアクセス環境が構築できます。

システムイメージ

製品利用例

特徴

  • 高いセキュリティ: ePass自体とePassに設定されたPIN番号(暗証番号)による2因子認証で機密データを堅牢に保護。
  • 優れた携帯性: 電子証明書をトークンに格納して携帯できるので、ドライバーのインストール済みPCとインターネット接続さえあ
          れば場所を問わずアクセスが可能で利便性を大幅に向上可能。また電子証明書は暗号化されており、情報漏洩の心配も不要。
  • 拡張性:電子証明書を使用しなくても、チャレンジ&レスポンス機能での認証も可能
  • コストパフォーマンス:USBキー ePassトークンの優れたコストパフォーマンスは他社製品導入時と比べ、圧倒的なコストダウンを実現。
          ※また別途、弊社セキュリティソフト「SecureCore」と組み合わせることで、OS起動制御やシングルサインオンも実施可能。

お問い合わせ先:

■ 飛天ジャパン株式会社 営業部
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町9-3 CANAL TOWER 4F/7F
TEL:03-3668-6668(代)FAX:03-3668-6667

ePassトークンについて

ePassトークンの製品紹介


区切り線