USBトークンによるインターネットバンキングの認証強化

USBトークンによる2因子認証 + PKI技術を活用した電子証明書 でセキュリティ問題を解決!

課題

インターネットバンキングを普及して行くには、セキュリティ問題が一番重要な要素となります。銀行側のシステムは堅牢な安全対策が施されているが、一般利用者側は安易なID/パスワード認証だけでは、「フィッシング」や「成りすまし」などの脅威が防げません。
セキュリティを高めるために面倒な認証方式を導入すると、利便性が落ちて、最終的に利用されなくなってしまいます。

ご提案

ID/パスワード認証よりも一段階上のレベルの認証を実現。USBトークンを利用して、本格的な2因子認証を構築し、セキュリティと利便性のバランスが取れた運営方式を構築できます。
更に、個人認証用に必要な電子証明書も、同じUSBトークンに格納して、安全かつ簡単に携帯できます。

システムイメージ

製品利用例

特徴

  • トークン自体とトークンに設定されたPIN番号(暗証番号)による2因子認証で高レベルのセキュリティを実現します。
  • 電子証明書をトークンに格納して携帯できるので、ドライバーのインストール済PCとインターネット接続さえあれば場所を問わずアクセスが可能で利便性を大幅に向上可能。また電子証明書は暗号化されており、情報漏洩の心配も不要です。
  • 開発キットを利用した認証システム開発は、御社のニーズに柔軟に対応できます。

お問い合わせ先:

■ 飛天ジャパン株式会社 営業部
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町9-3 CANAL TOWER 4F/7F
TEL:03-3668-6668(代)FAX:03-3668-6667

pPROVE / 株式会社日本電子公証機構

ePassトークンについて

ePassトークンの製品紹介