VPN接続にUSBキーを利用する

USBキー[ePassトークン]に電子証明書を格納する事で、VPN接続をセキュアに実現しつつ、電子証明書を安全に携帯可能

課題

1、海外出張時など出先からセキュアに社内LANへアクセスできるようにしたい
2、VPN利用時に使用している電子証明書をセキュアに持ち運びたい

USBキーを用いない接続

 

【現状】
出張などで外部から社内LANに接続する為にVPN接続を利用している、電子証明書を持っていないユーザーは接続できない。

【問題点】
PCを盗難・紛失してしまうと第3者による不正アクセスが可能。 また、ID・パスワードを盗聴される可能性もあり、盗聴されると情報漏洩の可能性が高い。

解決策

USBキー[ePassトークン]を導入し、USBキー[ePassトークン]内に電子証明書を格納する。また、USBキー[ePassトークン]に格納する事で、持ち運びを可能にし、利便性も向上させる。

USBキーを使用したVPN

 

【導入後】
USBキーを導入した事により、2要素認証(パスワード+USBキーによる認証)を実現。また、電子証明書を暗号化してUSBキー内に格納。

【問題点への対応】
PCが盗難されても電子証明書がないため、第3者がアクセスする事はできず、USBキーを紛失してもデータはPINコード入力が必要なため、安全に保護。

導入製品詳細