IoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOXは
オフライン機器をオンラインに
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認

5G時代に突入し様々なモノがインターネットに繋がるIoTが加速しますが、国内にはオフラインのコイン式機器が蔓延しています。

  • コインランドリー

    コインランドリー

  • アーケードゲーム

    アーケードゲーム

  • カプセルトイ

    カプセルトイ

  • 自動販売機

    自動販売機

券売機、ロッカー、マッサージ機、複合機プリンタ、パソコン、充電器・・・

一方、中・小規模事業者は安価で導入可能なIoTプラットフォームを求めていますが、国内の導入事例は大手製造業が中心であり、開発・導入コストが高く、中・小規模事業者の要望を満たすソリューションは乏しい状況です。

IoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOXとは

既存のオフラインコイン式機器を簡単&安価にインターネット接続&QRコード決済対応

コイン式機器の課題を解決し、業務の労働生産性向上・効率化をもたらします

コイン式機器の課題を解決するソリューション

製品の特徴

リモート管理

■現金とQRコード決済も含めた売上の一元管理(開発中)

■機器の稼働状況を監視

■景品の在庫管理(開発中)

管理画面

ひとつのQRコードで多彩なキャッシュレス決済に対応

■専用アプリのダウンロード不要

管理画面

セキュリティ重視のIoTプラットフォーム「IoT Cube」

  • サイバー攻撃の防御や
    各種ウイルスの検出

  • エンドツーエンド暗号化

  • 信頼性と拡張性に優れた
    クラウドコンピューティング

利用イメージ

Webセミナー開催中

Web展示会も開催中

メディア

Peachさまのカプセル型自販機「旅くじ」にPay BOXが採用されました。

Pay BOX導入事例:マッサージチェア

Pay BOX導入事例:コインランドリー

【Pay BOX簡単接続】コイン式機器との接続イメージ

カード決済&リテールサービスの強化書

「IoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX」を日本市場で本格展開
既存コイン式機器を簡単・安価にネット接続&QRコード決済対応に

製品導入事例

導入効果事例①

導入効果事例①

導入効果事例②

導入効果事例②

製品仕様

電源DC12V/1A最小パルス幅15ms
動作電流動作電流:130mA最大パルス幅110ms
最大動作電流:300mA最小パルス間隔20ms
定格出力1.8W最大パルス間隔999ms
通信方式WiFi接続外部インターフェースSIP-4インターフェース ×3
(コインセレクター用×1、共有デバイス用×2)
入力:コイン100円(投入)、BUSY(ビジー)
コイン500円(予定)、景品(予定)、
出力:コイン(排出)、DC+12Vx2個
無線規格:IEEE802.11b/g/nボタンインターネット接続設定用ボタン×1
転送速度20MHz、11b:1,2,5.5,11MbpsLED表示電源LED×1、Wi-Fi接続LED×1
20MHz、11g: 6,9,12,18,24,36,48,54Mbps製品サイズ66mm(L)×66mm(W)×18mm(H)
20MHz、11n_HT20:MCS0~7、最大72.2Mbps動作環境動作温度:-10℃~60℃
保存温度:-20℃~70℃
相対湿度:5%~95%(結露無き事)


無料で製品資料ダウンロード

製品購入前のお客様用の資料請求フォームです。製品のお問い合わせは「製品お問い合わせフォーム」より、製品購入後のサポートに関しましては「製品テクニカルサポートお問い合わせフォーム」よりお問い合わせ頂けますよう、お願いいたします。

製品の無料体験版をご希望の方はこちらよりお問い合わせください。
なお、製品の無料体験版時には製品資料も送付しております。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

資料送付を希望する製品をご選択いただき、各必須項目に入力後、「確認」ボタンを押してください。

入力内容にお間違いがなければ、「送信」ボタンを押してください。
修正する場合は「修正」ボタンを押してください。

資料送付希望製品
(複数選択可)
セキュリティ
AI顔認証デバイス
IoTプラットフォーム(IoT Cube)
決済端末
自由記入欄
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
御社名(必須)
部署
電話番号(必須)
郵便番号
ご住所

市区郡

町村名・番地

マンション・部屋番号

個人情報の取り扱いについて

■ 事業者の氏名または名称

 飛天ジャパン株式会社

■ 個人情報保護管理者

 飛天ジャパン株式会社 渡邉 公明 03-3668-6668(代)

■ 個人情報の利用目的

 ご入力いただき当社が取得した個人情報は、次の目的のために利用致します。

・資料請求のお申込み対応(ご連絡、資料の発送)のため

・当社のサービス、新製品、各種イベントのご案内等の電子メール(メルマガ)やダイレクトメール(DM)による送信のため

■ 個人情報の第三者提供について

 本人の同意がある場合又は法令に基づく場合を除き、取得した個人情報を第三者に提供することはありません。

■ 個人情報の取扱いの委託について

 取得した個人情報の取扱いの一部を、出荷のための配送業者に委託することがあります。

■ 保有個人データの開示等および問い合わせ窓口について

 ご本人からの求めにより、当社が保有する保有個人データの利用目的の通知・開示・訂正、追加又は削除・利用の停止、消去、第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)に応じます。

 「お問合せ窓口」は以下のとおりです。

■お問合せ先

 飛天ジャパン株式会社    個人情報保護 苦情・相談受付窓口

 〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町9-3 CANAL TOWER 4F

  TEL:03-3668-6668(代)  受付時間10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

  FAX:03-3668-6667

■個人情報を提供されることの任意性について

当社に個人情報を提供されるかどうかは任意によるものですが、必要な個人情報をいただけない場合は採用できない場合があります。

■ 本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得

 クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

■ 個人情報の安全管理措置について

 ご提出いただいた応募書類については原則として返却いたしません。取得した個人情報については、漏洩、減失またはき損の防止と是正、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。また、採用活動終了後、不採用の場合は当社にて適切に廃棄いたします。

 尚、このサイトは、SSL(Secure Socket Layer)による暗号化措置を講じています。

■ 個人情報保護方針

  当社ホームページの個人情報保護方針をご覧下さい。 

IoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX
よくあるご質問

Q. 何故オフライン機器をオンラインにする必要があるのですか?

A.

オフラインの既存機器にはいくつかの課題があり、例えば無人機器の場合、集金するまで、機器の故障や、商品の在庫切れ、釣り銭切れによるトラブルを防ぐことができません。オンラインにすることで、それらの課題を解決し、ピンポイントでの機器のメンテナンス対応も可能なので、業務の労働生産性向上・効率化をもたらします。また、一元管理により機器単位の売上や稼働状況が把握できるので、例えば機器を配置転換するなど、経営資源の最適化が可能となります。

Q. IoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOXと、他のIoTプラットフォームとの違いは何ですか?

A.

IoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOXは、生活産業に特化IoTプラットフォームです。日常生活において、よく利用されるオフラインの無人機器に、後付けでIoT通信センサーを取り付けることで、短期間で簡単にオンライン機器に転換可能です。キャッシュレス決済やリモート管理などに特化し、中小規模の事業者様が、短期間で安価に導入できる「使えるIoTプラットフォーム」を目指します。

Q. IoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOXのセキュリティ対策について、具体的に教えてください。

A.

「IoT Cube」/Pay BOXは、以下のセキュリティ対策をおこなっております。
DDoS攻撃やブルートフォース攻撃対策:SYNフラッド、UDPフラッド、ICMPフラッド、ACKフラッド、および従来のDDoS攻撃やブルートフォース攻撃を防御します。
エンドツーエンド暗号化対策:SSL暗号化を使用して、データのエンドツーエンドのセキュリティを確保し、データが途中で盗まれるのを防ぎ、データの整合性を維持し、送信中にデータが変更されないようにします。
データ透過送信:デバイスデータを保存せずに、バイナリ透過送信の形式で独自のサーバーへのデータ送信をサポートするため、データのセキュリティと制御性が保証されます。

Q. 拡張性について、教えてください。

A.

デバイス10億台の同時接続が可能です。

Q. IoTプラットフォームの通信モードは?

A.

複数の通信モード(RRPCおよびPUB/SUB)をサポートします。

Q. サポートする通信プロトコルは?

A.

国際標準通信規格であるCoAP、MQTT、HTTPSプロトコルを使用してIoTプラットフォームにアクセスするデバイスをサポートします。

 

「Pay BOX及びIOTCubeサービス」利用規約
約款(ハードウェア、ソフトウェアおよびサービスに関する)