IoTプラットフォーム/Pay BOXで
既存のコイン式機器を‘簡単&安価’に
ネット接続&QRコード決済対応に

これから5G時代に突入し、様々なモノがインターネットに繋がるIoT(Internet of Things)が加速していきます。
国内のIoTプラットフォームの導入事例は未だ大手製造業が中心であり、開発・導入コストが高く、中・小規模事業者の要望を満たすソリューションは乏しく、例えばコインランドリーなど、国内にはインターネット未接続のコイン式機器は溢れている状況です。

コイン式洗濯機/コイン式乾燥機

コイン式洗濯機
コイン式乾燥機

コイン式マッサージ機

コイン式マッサージ機

コイン式ゲーム機

コイン式ゲーム機

コイン式ロッカー、コイン式シャワー、コイン式酒類サーバー、コイン式洗車、コイン式エアコン・・・etc.

IoTプラットフォーム/Pay BOXとは

中・小規模事業者向け短期間で簡単&安価に導入可能

既存のコイン式機器を
簡単&安価に
インターネット接続&QRコード決済対応に

IoTプラットフォーム/Pay BOXのサービス提供範囲

当社のIoTプラットフォーム事業について

IoTプラットフォーム/Pay BOX

コイン式機器の課題を解決

✔ 集金するまで売り上げが分からない
✔ 集金や釣り銭管理に多大なヒューマンリソースを要する
✔ 通報があるまでマシントラブルを把握できない
✔ 稼働情報などマーケティングに必要な詳細情報を取得できない

✔ 料金変更や商品変更においては各機器単位に設定する必要あり
✔ 紙幣に未対応・釣り銭切れによる売上ロスもある
✔ 複数メーカーの機器利用だと決済手段変更などのハードルが高い

特徴

様々な機器・利用シナリオに対応

  • パルス信号(Wi-Fi)

    パルス信号(Wi-Fi)

  • リレー信号(Wi-Fi)

    リレー信号(Wi-Fi)

  • パルス信号(4G)

    パルス信号(4G)

  • リレー信号(4G)

    リレー信号(4G)

コンパクトなサイズでありながら強力・安定・高速通信
多くの機器に対応

導入において既存機器の大幅な改造が不要

導入期間&コストの低減

リモート管理

✔ 現金&QR決済も含めた売上管理&分析
✔ 機器の稼働状況を監視

管理画面

セキュリティ重視のIoTプラットフォーム

■信頼性と拡張性に優れたクラウドコンピューティングサービス
✔ DDoS攻撃やブルートフォース攻撃を防御
✔ トロイの木馬を検出
✔ リスクの高い脆弱性を修復
✔ サーバークラウドを監視、リアルタイムに警告

■SSL暗号化を使用してエンドツーエンドのセキュリティを確保

■IoTプラットフォーム/IoTハブ
✔ 10億台のデバイスの同時接続をサポート
✔ 通信リンク全体がRSAおよびAESで暗号化、データ送信のセキュリティを確保
✔ メッセージがリアルタイムで到着
✔ データ透過送信をサポート、セキュリティと制御性を保証
✔ 複数の通信モード(RRPCおよびPUB/SUB)をサポート
✔ 複数のデバイスアクセスプロトコルをサポート

複数のQRコード決済に対応

✔ 専用アプリのダウンロード不要
✔ 1つのQRコードで複数のQRコード決済サービスに対応

※利用可能なQRコード決済サービスは右記以外にLine Pay、au PAY等、順次拡大中

QRコード決済

中国の導入事例

中国国内では既に導入が始まっています。

■日常生活
 ✔ 宝くじ販売機
 ✔ コインランドリー

■アーケードゲーム
 ✔ カプセルトイ
 ✔ クレーンゲーム
 ✔ キディライド

■シェアビジネス
 ✔ マッサージチェア
 ✔ フットマッサージャー
 ✔ シェア充電器

中国事例

QRコード決済対応のゲーム機(一例)

  • QRコードをスキャン

    QRコードをスキャンし選択画面へ

  • ゲーム機の利用時間を選択

    ゲーム機の利用時間を手動で選択して支払います

  • ゲーム機を駆動

    Pay BOXは信号を送信してゲーム機を駆動、利用を制御します

  • ゲーム終了後シャットダウン

    ゲーム終了後に自動的にシャットダウン

処理フロー

MPM(Merchant Presented Mode:加盟店がQRコードを提示)

MPM

CPM(Consumer Presented Mode:消費者がQRコードを提示)

CPM

決済手段の比較

現金電子マネーPay BOXによるQR決済
導入機器の種別ビルバリデータ(紙幣識別機)やコインメカニズムなどの現金収受装置電子マネー決済対応機種Pay BOX
導入コスト初期費用
数千円〜数万円
×
数万円(10万近く/1台)

 
ランニングコストシステム使用料
トランザクション使用料
その他コスト×
現金回収コスト
釣り銭補充コスト
コール対応コスト
コール対応コストコール対応コスト
導入期間×
機器の設計段階から。後からの変更は不可
×
→交通系電子マネーな場合は認定コストが高い、認定期間が長い
→既存の機器に大幅な改造が必要

→数日間で契約~導入可能
→既存の現金対応機器から追加可能、改造が少ない
拡張性なしなし機器をインターネットに接続する事で、P/Fにて動作監視、トラブル対応、設定変更などの統合管理が可能