ソリューション

キーワードから探す

二要素認証・多要素認証

課題
  • 業務用Windows PCのログオン認証がパスワードのみのため、セキュリティに不安を感じる。
  • 「なりすまし」を防ぎ、強固なセキュリティを確保する認証方式として「生体認証」を導入したい。
課題
  • リモートワーク社員も含めた全社員にAzure ADの多要素認証を導入したい。
  • 社用スマートフォンを貸与していない社員には、ハードウェアトークンを配布してAzure ADのMFAを運用したい。
  • コールセンターなど、スマートフォンを持ち込めない環境においてAzure ADのMFAを運用したい。
  • 機密性と可用性を確保しつつユーザビリティにも配慮したセキュリティ強化を実現したい。
課題
  • リモートワーク(テレワーク)での社内イントラへのアクセス認証がパスワードのみのためセキュリティに不安を感じる。
  • 「なりすまし」による社内情報の漏洩を未然に防ぎたい。
課題
  • リモートデスクトップ接続時の認証が「パスワードのみ」のためセキュリティに不安を感じる。
  • パスワードを使いまわしているユーザーが存在するため、「なりすまし」による不正アクセスを未然に防ぎたい。
課題
  • 会員向けポータルサイトの認証が「パスワードのみ(IDはメールアドレス)」のため、会員より不安との声が寄せられている。
  • パスワードを使いまわしている会員が多く存在すると思われるため「なりすまし」による不正ログインが懸念される。
Pagetop

FIDO/FIDO2

課題
  • 業務用Windows PCのログオン認証がパスワードのみのため、セキュリティに不安を感じる。
  • 「なりすまし」を防ぎ、強固なセキュリティを確保する認証方式として「生体認証」を導入したい。
課題
  • 個人向けインターネット・バンキングの認証に、「ワンタイムパスワード」より強固なセキュリティと利便性を実現したい。
  • パソコンでの利用以外に、スマートフォン等のモバイル端末でも認証デバイスを利用したい。
課題
  • 端末を共有することによる不正ログインを防ぎたい。
  • ソフトウェアをインストールすることなく、Chromebookへのログイン認証を強化したい。
課題
  • リモートワーク社員も含めた全社員にAzure ADの多要素認証を導入したい。
  • 社用スマートフォンを貸与していない社員には、ハードウェアトークンを配布してAzure ADのMFAを運用したい。
  • コールセンターなど、スマートフォンを持ち込めない環境においてAzure ADのMFAを運用したい。
  • 機密性と可用性を確保しつつユーザビリティにも配慮したセキュリティ強化を実現したい。
Pagetop

生体認証

課題
  • 業務用Windows PCのログオン認証がパスワードのみのため、セキュリティに不安を感じる。
  • 「なりすまし」を防ぎ、強固なセキュリティを確保する認証方式として「生体認証」を導入したい。
課題
  • リモートワーク社員も含めた全社員にAzure ADの多要素認証を導入したい。
  • 社用スマートフォンを貸与していない社員には、ハードウェアトークンを配布してAzure ADのMFAを運用したい。
  • コールセンターなど、スマートフォンを持ち込めない環境においてAzure ADのMFAを運用したい。
  • 機密性と可用性を確保しつつユーザビリティにも配慮したセキュリティ強化を実現したい。
課題
  • 導入済の勤怠管理システムはICカード認証だが、なりすましを防ぐために顔認証に変更したい。
  • 入館時の検温やマスク検知だけなく、顔認証でのドアの開錠、これらのログデータを管理するシステムを導入したい。
  • エレベーターの呼び寄せや宅配ボックスの開錠、エントランスへの入場や住戸への入室など、全て顔認証で行いたい。
Pagetop

リモートワーク・テレワーク

課題
  • リモートワーク(テレワーク)での社内イントラへのアクセス認証がパスワードのみのためセキュリティに不安を感じる。
  • 「なりすまし」による社内情報の漏洩を未然に防ぎたい。
Pagetop

リモートデスクトップ

課題
  • リモートデスクトップ接続時の認証が「パスワードのみ」のためセキュリティに不安を感じる。
  • パスワードを使いまわしているユーザーが存在するため、「なりすまし」による不正アクセスを未然に防ぎたい。
Pagetop

Salesforce

課題
  • リモートワーク社員も含めた全社員のSalesforceのMFA対応にセキュリティキーを導入したい。
  • スマートフォンを持ち込めない一部の環境において、SalesforceのMFA対応にハードウェアトークンを導入したい。
Pagetop

Azure AD

課題
  • リモートワーク社員も含めた全社員にAzure ADの多要素認証を導入したい。
  • 社用スマートフォンを貸与していない社員には、ハードウェアトークンを配布してAzure ADのMFAを運用したい。
  • コールセンターなど、スマートフォンを持ち込めない環境においてAzure ADのMFAを運用したい。
  • 機密性と可用性を確保しつつユーザビリティにも配慮したセキュリティ強化を実現したい。
Pagetop

Chromebook

課題
  • 端末を共有することによる不正ログインを防ぎたい。
  • ソフトウェアをインストールすることなく、Chromebookへのログイン認証を強化したい。
Pagetop

Windowsログオン

課題
  • 業務用Windows PCのログオン認証がパスワードのみのため、セキュリティに不安を感じる。
  • 「なりすまし」を防ぎ、強固なセキュリティを確保する認証方式として「生体認証」を導入したい。
Pagetop

情報漏洩防止・自動暗号化

課題
  • 様々な情報漏洩ツールを導入しているが、漏洩ルートや抜け道を防ぎきれない。
  • 防ぎきれない「人的ミス」や「内部犯行」による情報漏洩も全て解消したい。
Pagetop

AI

課題
  • 導入済の勤怠管理システムはICカード認証だが、なりすましを防ぐために顔認証に変更したい。
  • 入館時の検温やマスク検知だけなく、顔認証でのドアの開錠、これらのログデータを管理するシステムを導入したい。
  • エレベーターの呼び寄せや宅配ボックスの開錠、エントランスへの入場や住戸への入室など、全て顔認証で行いたい。
Pagetop

IoT(Internet of Things)

課題
  • オフラインの精算機だと、釣り銭切れや機器の故障をメンテナンスするまで気付かないことがある。
  • オフラインのガチャガチャやクレーンゲームなどは、景品切れが発生しても気付かず販売機会ロスが発生する。
  • 自動販売機などの料金の変更や商品の変更においては、現地で機器毎に設定する必要がある。
  • 集金や釣り銭管理、メンテナンスに多大なヒューマンリソースを要する。
課題
  • 集金するまで売り上げが分からない。
  • 集金や釣り銭管理、メンテナンスに多大なヒューマンリソースを要する。
  • 釣り銭切れにより販売機会ロスが発生する。
  • 複数メーカーの機器を利用していると決済手段を変更するハードル=コストが高い。
Pagetop

インターネット・バンキング

課題
  • 個人向けインターネット・バンキングの認証に、「ワンタイムパスワード」より強固なセキュリティと利便性を実現したい。
  • パソコンでの利用以外に、スマートフォン等のモバイル端末でも認証デバイスを利用したい。
Pagetop

社内イントラ/アクセス認証

課題
  • リモートワーク(テレワーク)での社内イントラへのアクセス認証がパスワードのみのためセキュリティに不安を感じる。
  • 「なりすまし」による社内情報の漏洩を未然に防ぎたい。
Pagetop

オンプレミス・クラウド

課題
  • リモートワーク(テレワーク)での社内イントラへのアクセス認証がパスワードのみのためセキュリティに不安を感じる。
  • 「なりすまし」による社内情報の漏洩を未然に防ぎたい。
課題
  • 会員向けポータルサイトの認証が「パスワードのみ(IDはメールアドレス)」のため、会員より不安との声が寄せられている。
  • パスワードを使いまわしている会員が多く存在すると思われるため「なりすまし」による不正ログインが懸念される。
Pagetop

キャッシュレス決済

課題
  • 集金するまで売り上げが分からない。
  • 集金や釣り銭管理、メンテナンスに多大なヒューマンリソースを要する。
  • 釣り銭切れにより販売機会ロスが発生する。
  • 複数メーカーの機器を利用していると決済手段を変更するハードル=コストが高い。
Pagetop

ポータルサイト

課題
  • 会員向けポータルサイトの認証が「パスワードのみ(IDはメールアドレス)」のため、会員より不安との声が寄せられている。
  • パスワードを使いまわしている会員が多く存在すると思われるため「なりすまし」による不正ログインが懸念される。
Pagetop

ソフトウェア不正コピー防止/ライセンス不正使用防止

課題
  • ソフトウェアの不正コピーやプログラムの改ざん、ライセンスの不正使用を低コストで防止したい。
  • 購入済みのソフトウェアライセンス分のみに利用者を確実に制限し、自社のソフトウェア販売数を増やしたい。
  • 不正コピー防止対策後は、ソフトウェアユーザーに負担を掛けないようユーザビリティにも配慮したい。
Pagetop

 

*「Google」「Chromebook」は Google LLCの登録商標または商標です。
**「Microsoft」「Microsoft Azure」「Active Directory」「Windows」「Microsoft 365」はMicrosoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
***その他の商品名、会社名、団体名は、各社の登録商標または商標です。