クラウドにおけるASP、SaaS利用時の認証強化【SecureVisit】

既存のWebサーバを改造せずに、USBトークンによる本人認証システムを容易に構築可能

課題

  • クラウドコンピューティングで利用されるASPやSaaSはではデータセンター設備にデータを置くことにセキュリティや心理的な抵抗感がある。
  • 会員向けシステムにおいてID/パスワードの共有によって不正なアクセスが行われ、新規会員の獲得機会を逃していませんか?(会費の収益損失を防ぎたい)

ご提案

  • USBトークンを利用することで、セキュリティと操作性(利便性)のバランスの取れた本格的な2因子認証によってWeb認証強化を実現し、なりすましなどの不正利用を防止できます。
  • 不正アクセスやID/パスワードの流用による会費の収益損失を防止できます。

 

システムイメージ

ご提案のSecureVisitの詳細についてはこちら

製品利用例

 

製品特徴

  • 高い安全性:USBキー・トークン自体とPIN番号(暗証番号)による2因子認証で、ID/パスワードによるWeb認証よりも強固なセキュリティを実現
  • 低コスト:電子証明書を使用しないことやUSBキーを使用した導入のため初期導入費用および教育/ランニングコスト軽減、また既存システムに対する開発や改造もないため小規模はもとより大規模ユーザ拠点でも安心してご利用可能
  • 高い利便性:ユーザはPCにUSBキー・トークンを接続するだけ。既存の運用形態を変えずに容易にUSBトークンによるWeb認証機能を実現可能

 

お問い合わせ先:

■ 飛天ジャパン株式会社 営業部
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町9-3 CANAL TOWER 4F/7F
TEL:03-3668-6668(代)FAX:03-3668-6667

 

このページのトップへ

 

pPROVE / 株式会社日本電子公証機構

SecureVisitについて

SecureVisitの製品紹介


区切り線