SecureCore Standard Edition (Windows10 32/64bit対応)
USBキーで二要素認証による強固なWindowsログオン制御、シングルサイオンを実現する総合セキュリティソフトウェア

通常のWindowsログオンからWindowsセーフモード、リモートデスクトップ接続まで、全方位でコンピュータへのアクセスをUSBキーを使用した二要素認証で制御します。
企業内のコンピュータで取り扱われる重要なデータやアプリケーションの不正アクセス、情報漏洩リスクから守り、安全なコンピュータ資源共有、個人情報保護を簡単かつ確実に実現できます。
企業内共用/専用PC端末の起動制限、使用制限、使用者特定、情報漏洩対策に最適。

SecureCore

USBキーを接続しなければWindowsへのログオンができません。
パスワード認証にプラスして物理的な鍵を持たせる二要素認証でセキュリティ強化。

SecureCore Standard Edition 製品特徴

1、[高いセキュリティ性]

  • USBキーとWindowsアカウントパスワードによる二要素認証のログオン制御で、より高いレベルのセキュリティを実現します。USBキーに対するPIN番号(暗証番号)と、Windowsアカウントパスワードの二段階認証により、Windowsへのログインを安全に行うことができます。
  • 通常のWindowsログオンに加えWindowsセーフモード、リモートデスクトップ接続にも対応しているため、不正利用を強固に防止します。
  • Windows10(32bit/64bit)まで対応、他社のWindows7/ 8/ 8.1/10 未対応製品から乗り替えを推奨します。

2、[簡単運用]

  • USBキー1本でログイン制御ができるため、利用者の利便性が向上。
  • クライアントソフト及び管理ソフトともスタンドアローン方式で動作するため、インターネットの接続環境がなくとも運用可能です。
  • USBキーの暗証番号を忘れた場合、管理ツールによりPINの解除できるため、USBキーの返送が不要です。
  • 万一USBキーを紛失した場合でも、管理ソフトのワンタイムパスワード発行機能により、業務への支障が最小限に抑えられます。

3、[安価]

  • SecureCoreソリューション及びUSBキーンを低価格で提供致します。
    詳細に関しては、かんたんお見積りでご確認ください。
    ※更に100ライセンス以上を購入する場合、別途割引価格で提供致します。詳細に関しては、お問い合わせください。
  • 小ロット受注(1ライセンス~)を対応致します。

4、[カスタマイズで柔軟な対応が可能]

  • 既存機能がお客様の要望を満たさない場合、カスタマイズによる柔軟な対応が可能です。
  • 当社の開発者が直接対応することで、短期間・低価格でカスタマイズを実現します。

SecureCore Standard Edition クライアントソフト 主な機能

機能1:WindowsOSへのセキュアログオン/PCロック

USBキー・トークンを物理的な「鍵」としてPCへ挿入するとWindowsOSが起動しログオンします。USBキー・トークンを挿入しないとPCをロックし、ログインできません。利用中にUSBキー・トークンを抜くと自動的にOSの稼動状態にPCロックがかかり不正使用を防止します。また、マルチユーザー環境もサポートしています。

USBキー抜き差しでPCロック

機能2:シングルサインオン(オプション)

様々なWebサイトやアプリケーションのユーザーID/パスワードをUSBキー内に格納し、認証時に自動的に送出することができます。設定により、ユーザーID・パスワードの送出からログインまで全てを自動で行うか、ID・パスワードの送出のみで、ログインはユーザー自身が行うかなどを設定することができます。

※ Windows Vista以降は、Webサイトのみの対応となります。

PCロックでシングルサインオンSSO

標準機能:電子証明書・認証情報の格納

電子証明書や認証情報をUSBキー内にセキュアに格納させることができ、PKCS#11、MS CAPIなどの標準PKI規格に準拠した様々なPKIソリューション(VPN、IEEE 802.1x無線認証、S/MIME、SSLなど)とすぐに連携できます。また、一つのUSBキーで複数のPKIアプリケーションの兼用も可能です。
※電子証明書/認証情報の格納は標準機能です。

SecureCore Standard Edition 管理ソフト 主な機能

SecureCore Standard Editionの管理ツールは管理者が運用管理するためのツールとなります。管理ツールはスタンドアローン方式で動作します。

ワンタイムパスワード発行機能

USBトークンを紛失した際などクライアント側はPCをログインできない場合、管理者がワンタイムパスワードを発行する事でPCロックを強制解除できます。

また、ワンタイムパスワードの有効期間を設定することもできます。

ポリシー設定機能

管理者はポリシー設定ツールを利用して、自社の運用方針に基いたSecureCoreの利用方法や制限事項を事前設定し、iniファイルの形でクライアントPCに配布し適用させることができます。

トークン発行機能

USBキーの初期化作業を行って、離職された方や不要になったUSBキーを納品時の状態に戻す事が出来ます。

サイレントインストール機能

管理者による大量PCへのSecureCoreの一括インストールを実現するために、SecureCoreのサイレントインストール方式をご利用できます。サイレントインストールでは事前に設定ファイルを用意する事で、クライアントソフトインストール時に設定やトークンの挿し抜きなどの対話式の操作がなく自動で行う事ができます。SecureCoreクライアントソフトがインストール済みのPCを使用者に届いた後に、使用者によるUSBキーの登録を行うようにする事もできます。(※Windows XPまで)

利用シーン

  • 警察・学校・教育現場におけるPC端末使用の制限
    生徒用、教師用のPCへの接続をUSBキーを使用してPCロックしログイン制御として使用
  • 物流・運輸業における各営業所の共有PC端末の制限
    営業所における共有PCを制御し、PC毎にロックし使用制限を設けるなどして使用
  • 金融・保険業界等の派遣社員のPC使用の制限
    派遣社員などが使用するPCの制御を貸し出しているUSBキーでPCロック制限し使用
  • Windows7/8/8.1/10 導入時に他社同様製品からの乗換え
    Windows7/8/8.1/10 (32/64bit)対応をおこなっていない他社同様製品からの乗換え

SecureCore Standard Editionと共存事例のあるセキュリティ製品

SecureCoreはWindowログオン制御製品として、下記セキュリティ製品と共存事例がございます:

  • シマンテック社の「PGP製品」:ディスク全体暗号化ソリューション
  • クロス・ヘッド社の「SecureDoc製品」:HDD完全暗号化暗ソフトウェア
  • 日立ソリューションズ社の「秘文AE-IF」:持ち出し制御製品

※詳細な動作確認は貸出している評価キットにでご評価をお願いいたします。

SecureCore Standard Edition動作環境および製品構成

動作環境
ハードディスク容量 20MB以上の空き容量
対応OS Windows 2000 Professional SP4
Windows XP 32bit SP2/SP3
Windows Vista 32bit SP1/SP2
Windows 7 32bit/64bit
Windows 8/8.1 32bit/64bit
Windows 10 32bit/64bit
対応ブラウザー IE6、IE7、IE8、IE9、IE10、IE11
64bit OSでの利用時は、64bitアドオンが動作するIEのみサポート
その他 USB2.0/1.1ポートが1ポート空いていること
製品構成
クライアントソフトウェア SecureCore Standard Editionクライアント用ソフトウェア
管理用ソフトウェア SecureCore Standard Edition 管理ツール
USBトークン(別売) ePass1000ND、ePass2003(当社にてSecureCore Standard Edition用設定後出荷)

SecureCore Standard Edition対応USBキー

SecureCore Standard Edition に使用するUSBキーは下記二種類を選択できます: