Saleseforceの多要素認証(MFA)に
FIDOセキュリティキー

2022年2月からSalesforce多要素認証(MFA)が必須に

Salesforceは、不正アクセスなど顧客のデータ保護をめぐる脅威に対応するため多要素認証(MFA)を必須化しました。Salesforceを活用する企業にとっては、不正アクセスなどのセキュリティ脅威から個人情報や顧客情報等のビジネスデータを保護するため、多要素認証(MFA)対応のトークンやセキュリティキーといったログイン時の認証強化が求められています。

Salesforceが推奨する多要素認証(MFA)方式

SMSやメールによる二要素認証だけでは、Salesforceの多要素認証(MFA)に対応することはできません。 以下の認証方式のいずれかまたはすべてで対応可能です。

  • Salesforce Authenticator
  • サードパーティTOTP認証アプリケーション(ハードウェアOTPトークン)
  • セキュリティキー

FIDOセキュリティキーの特徴

  • FIDO2/U2F規格準拠
    FIDO2/U2Fに対応していることで、Salesforceに限らずその他のFIDO対応製品でもご利用いただけます。
  • 豊富なラインナップ
    コストパフォーマンスにすぐれた製品から、指紋センサー搭載製品、USB-TypeC対応製品など、お客様の用途に合った製品をお選びいただけます。
  • 簡単操作
    ID/パスワード(U2F)又はPIN(FIDO2)を入力後、セキュリティキーにタッチしていただくだけの簡単な操作で強固な二要素認証を実現します。
ePass FIDO
A4B
ePass FIDO-NFC
K9
ePassFIDO
K28
BioPass FIDO2
K45
BioPass FIDO2
K26
iePass
K44
USB-TypeTypeATypeATypeCTypeATypeCTypeC/Lightning
NFC
BLE
Fingerprint
FIDO2
FIDO U2F

登録方法

弊社FIDOセキュリティキーの登録方法は下記のマニュアルをご参照ください。