Google Titan Security Key は Feitian Technologies社のOEM製品

Google Cloud Next ’18 | July 24–26 San Franciscoにて発表されましたGoogleのセキュリティキー「Titan Security Key」が話題になっています。
上記のイベントには日本からも100名以上が参加され、会場のセキュリティゾーンでは「Titan Security Key」を配布していたそうです。

ニュース記事にも「形状的には、飛天ジャパンが販売するセキュリティキー『ePass FIDO』シリーズと同じものに見えます。」との記載があり、またクライアントさまからもお問い合わせをいただきました。

2017年12月20日にニュースリリースさせていただきましたが、Google「Titan Security Key」は、Feitian Technologies社(略称:飛天中国)がGoogleにOEM提供している製品です。

https://ftsafe.co.jp/news/u2fkeynews1220/

お問い合わせも増えてきておりますので、改めてご案内させていただきました。



【関連記事】
Google、社員へのセキュリティキー導入でフィッシング被害が0件に

*「Google」はGoogle Inc.の登録商標です。
**その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。
***画像は飛天ジャパンが販売するセキュリティキー『ePass FIDO』シリーズです。

関連記事

多要素認証でセキュリティ強化

二段階認証と二要素認証、そしてパスワードレス認証へ

FIDOセキュリティキーのG Suite設定手順のご紹介

クレデンシャルスタッフィング攻撃とは

二要素認証でセキュリティ強化

GDPR対策について

人的ミスによる情報漏洩を防止できる暗号化ソフトウェア「SecureCore DSE」の提供を開始

マルチファクター認証に関してーFIDO U2Fとはいったい何?

情報漏洩をご心配されている企業の皆様!ご注目下さい!!

「中国サイバーセキュリティ法」施行のリスク