マイナンバーをより安全に収集・保存・破棄するために

国民の所得や納税、社会保障といったさまざまな個人情報と紐づくマイナンバー。これを扱う企業にとって、情報漏洩やその不正利用トラブルは何としても回避したいところです。しかし、そのリスクは外部の第三者だけでなく、内部の関係者からももたらされる可能性があります。細心の注意を払っても払い過ぎることはない――それがマイナンバーのセキュリティ対策です。

「SecureCoreFDC」は、マイナンバーを扱うすべての企業様、士業を営まれる方のためのセキュリティ対策ツールです。高度な暗号化技術と多彩なサポート機能で、大切な個人情報を確実に保護します。

マイナンバーにおけるセキュリティ対策の必要性

企業に課せられる厳格な管理義務

2016年1月からスタートしたマイナンバー制度。これに伴い企業などでは、税金や社会保険の手続きを行うために従業員などからマイナンバーによる本人確認を行い、必要事項を書類などに記載する必要性が生じます。しかし、こうして得られた情報は法律で定められた目的以外に利用できず、その収集から保管、利用、破棄に至るまで、個人情報保護法以上に厳格な管理が義務づけられています。

マイナンバー情報の不正利用で生じる損失

従業員が多ければ多いほど扱うマイナンバー情報も膨大になり、企業にとっては管理そのものが大きな負担となります。しかしこれを怠り、万が一個人情報を含むマイナンバー情報の漏洩や不正使用が生じると刑事罰に処せられるだけでなく、賠償問題にも発展し、企業の信用が大きく失墜することになりかねません。

内にも外にもある情報漏洩のリスク

マイナンバーは所得や納税など個人情報との紐づく部分が多く、今後利用が進めばさらにその傾向が強くなると言われています。それだけに、情報の漏洩や不正使用による被害はますます甚大になることが予想されます。その意味でも、マイナンバーを扱う企業は管理に多くのリスクが伴うことを認識しなければなりません。こうした漏洩リスクは外部の第三者だけでなく、内部の関係者によってもたらされる可能性もあるのです。

SecureCoreFDCとは

「SecureCoreFDC」は、職業柄、マイナンバーを取り扱う機会の多い企業や事業者様に向けた、USBメモリ専用セキュリティソフトウェア。マイナンバーをよりセキュアに収集・保存するための製品です。

こんな企業様・事業者様に

・個人事業者様や中小企業の経営者様
・社労士・税理士など、士業を営まれている方
・中小企業を対象にIT製品を提供する販売会社様
・その他、機密情報の漏洩対策に力を入れている企業様

SecureCoreFDCの特長

  • 情報流出を防ぐ機能が充実

    マイナンバー情報の不正コピーや印刷、外部への送信を禁止するので、従業員や関係者による不正も未然に防止できます。

  • サイバー攻撃のリスクを排除

    ネットワークから隔絶されたUSBメモリにマイナンバー情報を格納するため、サイバー攻撃などの外部からの侵入や破壊活動とも無縁です。

  • 設定変更やログ履歴が残る

    マイナンバーへ誰がいつアクセスしたか、いつどのような設定変更が行われたかなど、操作履歴がログとしてすべて記録されるので、不審な動きを“見える化”できます。

  • 万一の紛失・盗難時も安心

    マイナンバー情報はすべて最高の暗号化強度であるAES256bitで確実に保護するので、万一の紛失・盗難時でも不正使用を防げます。

  • インストール不要で導入も簡単

    SecureCoreFDCの使い方は簡単。管理者や利用者のPCにソフトウェアをインストールすることなく、マイナンバー情報を暗号化します。

製品利用イメージ

企業が外部の社労士や税理士と従業員のマイナンバー情報をやりとりするような場合、SecureCoreFDCなら高度に暗号化された情報をネットワークから干渉されないUSBメモリ内部に格納して受け渡しするため、常に安全性が保たれます。

さらに、SecureCoreFDCのログ収集機能により、誰がいつどのような操作方法でマイナンバー情報にアクセスしたかを確認できるため、仮に不審な動きがあってもその詳細を追跡することが容易です。

SecureCore RSSとの併用でより漏れのない情報漏えい対策

SecureCore RssとSecureCore FDCをセットで利用すれば、より漏れのない情報漏洩対策が可能になります。(※11月対応予定)

[SecureCore FDC] 機能

収集機能※一般社員は順番にマイナンバー・個人情報をUSBメモリーに入力しますが、他の社員の入力した情報は一切閲覧出来ないので安心して情報収集が可能。
利用・保管保護領域内のデータの編集・利用はユーザーパスワード入力が必須です。AES256で暗号化されているので安全に保存出来ます。普段利用しない時は物理的管理処置として金庫等の鍵のかかる場所での保管をお勧めします。又、PCがマルウェアに感染しても保護データは一切外部に洩れません。
バックアップ保護領域を別のUSBメモリーに複製出来るので長期保管も安心。
ログ収集管理者権限パスワードで履歴(操作PC、日時、編集、削除等)を確認可能。
ホワイトリスト※特定のアプリケーションからのアクセスだけを許可します。
USBメモリー容量:2TBまで
サポート OSMicrosoft Windows Vista
Microsoft Windows 7 (32/64bit)
Microsoft Windows 8, 8.1 (32/64bit)
Microsoft Windows 10 (32/64bit)

※開発予定の機能です。詳しくは販売代理店及び弊社営業部まで問合せ下さい。

SecureCore FDCのよくあるご質問はこちら