中国のモバイルキャッシュレス決済の現状

  中国の決済はモバイルが主流です。中国のインターネット人口は、全人口の過半数を占める7.3億人で、インターネットユーザーが携帯電話でネットに接続する割合は96.3%に上ります。 日銀が発表したレポートによると、「中国都市部の住民の98.3%が過去3カ月間にモバイル決済を利用した」と答えており、中国人にとってモバイル決済は当たり前のものになっていることを示しています。 また、ATMから普通に偽札が出てくる現状の中、「偽札のリスクに怯えるくらいであればモバイル決済が安心」と言うのが店側の考え方のようです。 モバイル決済は子供から老人まですべての中国人にとってなくてはならないものとなりつつあり、一方で「財布」が中国人の手から消えようとしています。

関連記事

接触型/非接触型ICカードについて

QRコード決済端末・QRコード決済対応POSについて

日本におけるキャッシュレス決済の現状

フーマー・フレッシュ(盒馬鮮生)に注目

PCI DSSとPCI PTSについて

不正使用対策・PCI DSSセキュリティセミナー2018

キャッシュレス先進国スウェーデンについて

日本のキャッシュレス対応について

「中国モバイルキャッシュレス決済の課題と、無人小売り店舗の動向」⑤

「中国モバイルキャッシュレス決済の課題と、無人小売り店舗の動向」④