2019年6月26日にFeitian Technologies社が公開したプレスリリース(要約文)を以下にご紹介させていただきます。

生体およびFIDO/FIDO2パスワードレス認証、高度なオールインワンスマートカード、および決済関連システムを提供する世界的なセキュリティ技術のリーダーであるFeitian Technologies社は、高度なデジタル脅威から身を守るためにMicrosoft社と提携しているセキュリティ関連企業のエリートグループで構成されているMISA(Microsoft Intelligent Security Association)に選出されたこと、また指紋生体とBLE/NFC/USB-C接続機能を備えたAllinPassセキュリティキーをリリースすることを、ワシントンDCで開催されるIdentiverse 2019イベントで発表します。

■MISAメンバーシップについて
MISAは、革新的で高度なセキュリティ技術を提供する選ばれた企業で構成されています。 MISAには、Azure Active Directoryをはじめ、Microsoft社の関連テクノロジ製品が含まれています。 Feitian Technologies社は、20年以上にわたる先進的且つ革新的で安全な認証、識別、および決済技術を基にメンバーシップを獲得しました。
MISAの詳細については、こちらを参照してください。

「Feitian Technologies社はMISAに選出されたことを誇りに、そして光栄に思います。 私たちはMicrosoft社および他の主要企業と共同で、企業、教育、医療、政府および個人ユーザーに高度なセキュリティ保護を提供していきます。」とFeitian Technologies社の戦略プロジェクト担当ディレクター/Michael Gwynn氏は述べています。

■AllInPass製品のリリースについて
AllinPass(K33)セキュリティキーは、強力でユーザーフレンドリーなパスワードレスのログオン・エクスペリエンスをユーザーに提供します。 AllinPass FIDO2セキュリティキーに組み込まれたBluetooth(R)認定BLEモジュールは、ほとんどのモバイル機器やPCとのシームレスな通信を保証します。 NFC通信はISO 14443規格に完全に準拠しており、同規格に準拠しているすべてのスマートカードリーダーで機能します。この機能はFIDO/FIDO2認定取得済である既存の18種類のセキュリティ製品にも追加されます。 FIDO Allianceの認定を受けたAllinPass(K33)は、複数のプラットフォームやオペレーティングシステム、およびアプリケーションにわたり、パスワードレス多要素認証を可能に、そして推進するように設計されています。
※AllinPass製品の日本におけるリリースは未定です。正式にリリースが決まった段階で改めてご案内いたします。

「従来のユーザー名とパスワードのスキームによる保護および二要素認証では、今日の企業のセキュリティニーズには、もはや十分ではありません。その結果、指紋がPINに代わるものとして、今後数年間で生体認証が大幅に拡大すると予想されています」とFEITIAN Technologies社の副社長兼国際ビジネスのゼネラルマネージャーであるTibi Zhang氏は述べています。

Feitian Technologies社のセキュリティ製品群は、強固な認証のためのFIDO U2FとFIDO2の仕様に合わせて設計されています。 USB-A(K27)およびUSB-C(K26)で使用するBioPassパスワードレス認証は、すでにFIDO2認証を取得しています。 USB-Aと互換性のあるePass FIDO(K12)セキュリティキーは、FIDO U2FとFIDO2の両方の認証を取得するという利点があります。 Feitian Technologies社のセキュリティキーは、PIV、OTP、およびGIDSを、必要に応じて複数のインタフェースや価格帯、および指紋生体オプションと共に提供することも可能です。

Feitian Technologies社はMicrosoft社と協力し、これらのセキュリティキーがWindowsとAzure Active Directoryで機能することを確認しています。また、Google Advanced Protection製品も共同開発しています。 Feitian Technologies社のセキュリティキーは、IT管理コストの削減、生産性の向上、セキュリティの向上、かつてないプライバシーなど、大企業、教育機関、医療施設、そして政府機関の従業員と雇用主の双方に、パスワードよりも多くの利点を提供します。

FIDOアライアンスのエグゼクティブディレクター兼最高マーケティング責任者であるAndrew Shikiar氏は、次のように述べています。「Feitian Technologies社は、認証製品開発への投資とボードメンバーとしてのインプットの両面で、FIDOアライアンスへの強いコミットメントを長期にわたり示してきました。 「Feitian Technologies社がこのFIDO2認定セキュリティキーを広め、よりシンプルでより強力なFIDO認証を採用しようとしている企業や消費者に、強力なエコシステム・オプションを追加できることを嬉しく思います。」

■Feitian Technologies社について
1998年に設立されたFeitian Technologies社は、さまざまなセキュリティキーとスマートカードを利用し強力な認証、識別、および決済ソリューションを広く構築することに注力しています。 Feitian Technologies社は、Microsoft Intelligent Security Association(MISA)のメンバーであり、FIDOアライアンスのボードメンバーであり、GoogleとPing Identityのテクノロジパートナーです。 Feitian Technologies社は、指紋生体パスワードレス認証の世界的プロバイダーであり、世界的に1,000人以上の従業員を擁し、その半数以上は研究開発に従事しています。 Feitian Technologies社は、大手企業、金融機関、電気通信事業者、官公庁、教育機関など、150カ国以上の顧客にサービスを提供しています。